かごめ 優里 歌詞 4, ドキュメント72時間 ランキング 2016 8, 貴景勝 後援会 神戸 14, Kvk 洗面 水栓 水漏れ 7, 名古屋大学 脳神経外科 教授選 10, Autocad レイアウト 外部参照 4, Huion 液タブ 遅延 8, 賃貸 プロパンガス 高い 9, Dcv Mp4 変換 14, 足の爪 割れる 横 27, ピアノ発表会 ワンピース シンプル 4, チンチラ 妊娠 兆候 37, Cm 2019 一覧 7, Related" /> かごめ 優里 歌詞 4, ドキュメント72時間 ランキング 2016 8, 貴景勝 後援会 神戸 14, Kvk 洗面 水栓 水漏れ 7, 名古屋大学 脳神経外科 教授選 10, Autocad レイアウト 外部参照 4, Huion 液タブ 遅延 8, 賃貸 プロパンガス 高い 9, Dcv Mp4 変換 14, 足の爪 割れる 横 27, ピアノ発表会 ワンピース シンプル 4, チンチラ 妊娠 兆候 37, Cm 2019 一覧 7, Related" />
hp envy 15 x360(インテル) 6

hp envy 15 x360(インテル) 6

Lenovo Legion Y740(17)(i7-9750H、RTX2080Max-Q):7,655、16,867、39,482 Lenovo ThinkPad T490(Core i7-8565U、MX250): 4,158 ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(Core i7-9750H、RTX2070): 5,505 東芝 dynabook DZ83/J(Core i7-8550U): 3,353 HP OMEN X 2S 15(i9-9880H、RTX2080 Max-Q):7,545、16,652、40,212 Lenovo ThinkPad X1 Yoga(2019)(Core i7-8665U):4,120 HPからWindows 10搭載の15.6インチ回転式2in1「HP Spectre x360 15-eb0000 シリーズ」と「HP ENVY x360 15-ed0000 シリーズ」が発売されましたので、主な特徴とスペックを整理します。今回CPUに第10世代のインテル Coreプロセッサーを採用し、長時間駆動とWi-Fi 6、Bluetooth 5.0に対応するなど強化 … ASUS ZenBook 15 UX534FT(Core i7-8565U、GTX1650): 4,709 MSI GP65 Leopard(Core i7-9750H、RTX2060): 5,299   HP ENVY 15 x360(AMD)に相当, ■HP Pavilion 15-cu0000(スタンダードプラス) Microsoft Surface Pro 6(Core i5-8250U): 3,399 結論:hp envy x360は10万円前後のノートPCなら一押し!【2019年】 ここまで、 「HP envy 15 x360 Intel」のこだわりの3つの理由と、実際に9つの体験レビュー結果 をお伝えせて頂きました。 ・Home Test ASUS ZenBook Pro Duo UX581GV(Core i9-9980HK、RTX2060): 5,727 ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(i7-8750H、RTX2060):5,453、13,800、33,609 HP Elitebook x360 1040 g6(Core i5-8265U): 396、1,177 ASUS TUF Gaming A15(Ryzen5 4600H、GTX1650):3,637、8,779、25,063 ドスパラ GALLERIA Mini 1060(i5-7500、GTX1060):3,583、9,276、22,203  (ビジネスソフトの使用を想定したテスト) Lenovo Legion Y740(15)(Core i7-9750H、RTX2070 Max-Q): 5,830 MSI GS65(i7-8750H GTX1070 Max-Q) :5,821 Lenovo Legion Y740(15)(i7-9750H、RTX2070 Max-Q):6,508、14,067、36,491 マウス m-Book X400B(Ryzen 5 3500U): 3,659 ASUS TUF Gaming FX505DT(Ryzen5 3550H、GTX1650):3,441、8,036、19,066 MSI GP65 Leopard(i7-9750H、RTX2060): 3,503 HP ENVY x360 15(dr1000、インテルCPU)はHP Directplusで販売中で、10月4日現在の価格は109,800円(税込み120,780円)から、となっています。 なお、この製品の上位モデルは税抜で12万円を越えますので、ウインタブ限定クーポンの対象となり、7%の割引を受けられます(詳しくは こちら をご覧ください)。 GALLERIA GKF1060GFE(i7-7700HQ、GTX1060):3,625、9,784、24,233 ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 4,545 Lenovo Legion Y740(17)(Core i7-9750H、RTX2080Max-Q): 6,151 GALLERIA GCR1660TNF-E(i7-9750H、GTX1660ti):5,837、13,402、34,468 日本HPのHP ENVY x360 15-ee0000は、15.6インチサイズの2-in-1ノートPCです。さまざまなスタイルに変形できるにもかかわらず、本体がスリムかつコンパクトである点がポイント。さらに最新のRyze ASUS TUF Gaming A15(Ryzen5 4600H、GTX1650):4,959 MSI Prestige 15(Core i7-10710U、GTX1650 Max-Q):5,350 HP Spectre x360 13(Core i7-8565U): 4,223 またプレゼン、結婚式二次会などプロジェクターを活用したいときも活躍します!, 一部の家電量販店各店舗にて、オンラインストア取扱いモデルを展示・販売しております。HPの専任スタッフが、お客様に最適な製品をご提案いたします。, 購入前にご希望製品の納期の問い合わせをする際は、ご希望製品で見積を取得の上、受付番号を控えてご連絡をお願いします。見積の取得方法については、こちらをご覧ください。. MSI Prestige 14(i7-10710U、GTX1650 Max-Q):3,111、6,973、22,126 MSI GF63 Thin(Core i7-10750H): 466、2,572 ドスパラ Critea VF-HEKS(Core i7-8550U、MX150): 3,704 Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(Core i7-9750H、RTX2070):7,440 ASUS X545FA(Core i7-10510U): 4,114 本記事は「【HP ENVY 15 x360(インテル)レビュー】10万円以下でコスパ最高の15.6インチ2in1ノートPC」について書きました。 HP ENVY 15 x360 はつや消しのアルミボディで、シンプルかつ実用的な2in1ノートPCです。 ・Productivity ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(i7-8750H GTX1050Ti) :2,914, ゲーム「ファイナルファンタジー15(FF15)のベンチマークテスト結果です。こちらもRTX2060 Max-Q搭載機としては標準的かと思われます。, ここまではGPU性能が大きく影響するテストでした。ENVY 15はゲーミングPCという位置づけではないので、ゲームソフト系のベンチマークスコアでどうこう言うのもどうかとは思いますが、搭載GPUの性能に見合う結果になったと思います。, 参考: 東芝 dynabook UZ63/F(Core i7-8550U): 3,341 ドスパラ GALLERIA GCR1650GF(Core i5-9300H、GTX1650):3,627、8,240、24,774 ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,122  (ゲーミングソフトの使用を想定したテスト), 『HP ENVY 15 x360(AMD)』と「HP ENVY 15 x360(インテル)」、筆者目線で分析してみましたが個人的には『HP ENVY 15 x360(AMD)』を選びます。, 適度な性能レベルの高さや顔認証を使った Windows サインインに対応している点が選択するポイントです。, もちろん、より高性能なスペックを必要とするなら「HP ENVY 15 x360(インテル)」のパフォーマンスモデルを選択するのもアリですが、筆者の使い方や好みで判断すると 性能レベルが高く高品質のわりに価格が抑えられた『HP ENVY 15 x360(AMD)』が「買い」ということになります。, 価格やキャンペーンなどの最新情報は日本HPの直販サイト「HP Directplus」でチェックできます。, 日本HP直販「HP Directplus」公式サイト⇒ 『HP ENVY 15 x360(AMD)』製品ページ ASUS ROG Zephyrus G GA502DU(Ryzen7 3750H、GTX1660Ti):4,219、10,223、20,073 東芝 dynabook AZ65/G(Core i7-8550U): 3,546 ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7(Core i7-9750H、GTX1650):3,686、8,290、26,358 HPスタンダードノート実機レビュー, こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。6月29日に発表されたニューモデル「ENVY 15」をいち早く実機レビューさせていただきます。HPの個人向けPCでは「Spectre」と「ENVY」の2ブランドが「プレミアム」という位置づけになっているのですが、今後はENVYが「クリエイターPC」としての性格を強めていくことになるそうです。今回レビューするHP ENVY 15はノートパソコンとして「紛れもないハイエンド」で、クリエイター、それも「本職のクリエイター」のニーズを満たせる製品です。, 冒頭に記載したとおり、HP ENVY 15はハイエンドなスペックと言えます。CPUは第10世代(Comet Lake-H)のCore i7/Core i9、外部GPUはGeForce GTX1660Ti/RTX2060で、ともにMax-Qデザインです。CPUにCore i9を設定しつつGPUはRTX2060 Max-Qまでにとどまるのは、ENVY 15がゲーミングノートではなく、クリエイターノートであるというのが理由だと思われます。, RAMは16GB/32GBで、32GBの設定があるあたりも大容量RAMを必要とするクリエイターのニーズに合わせたものと言えます。ストレージは最大2TB SSDとかなりの大容量です。, ディスプレイは15.6インチのIPS液晶・FHD解像度と有機ELの4K(3,840 × 2,160)解像度が設定されています。このディスプレイは「VESA認定のHDR400 規格」「100%DCI-P3の広い色域」「ΔE <2のカラーキャリブレーション」と、クリエイターのニーズに応える品質になっています。また、4Kディスプレイモデルには「RTX2060/RAM32GB/2TB SSD」という構成しか選べません(CPUはCore i7とCore i9を選べます)。なので、4Kモデルは「本職の人」向けと言えるでしょうか。, 通信まわりではWi-Fi6に対応し、入出力ポートでは2つあるUSB Type-CポートがともにThunderbolt 3と高規格です。ただし、ゲーミングノートのように多種類のポート構成にはなっていません。また、SDカードリーダーも装備されますがフル規格ではなくmicro規格となっています。, それと、注意したいのがバッテリー稼働時間で、「6.5時間から15時間」と、やたらと大きな幅があります。ENVY 15はディスプレイの形式によって稼働時間が大きく異なります。後述する「使用感」のところでも記載しますが、有機ELの4Kディスプレイの稼働時間がIPS液晶・FHDのディスプレイに対し、かなり稼働時間が短くなります。, レビュー機のシステム情報です。「Core i9/GeForce RTX2060 Max-Q/RAM32GB/2TB SSD」という構成の上位モデルでしたが、OSのバージョンは「英語版のWindows 10 Home」でした。, また、ディスプレイは4K解像度の有機ELで、デフォルトの表示拡大率は225%になっていました。, 今回のレビュー機は米国仕様でした。そのため、同梱物のご案内はできません。あらかじめご了承ください。ちなみに、国内仕様と同じかどうか断定はできませんが、ACアダプターはゲーミングPC用と同じような大型で、200W、重量の実測値は624 g(電源ケーブル込み)でした。, 天板です。筐体はアルミ製で表面に梨地加工(ほんの少しザラついた加工をして、手に馴染みやすくする目的です)が施され、非常に美しく、手によく馴染むものになっています。HPのロゴはもちろんプレミアムタイプです。, 底面です。ENVY 15は天板だけでなく「オールアルミ製」です。Core i9の設定もあり、かつGeForceを搭載していることから、やや積極的に通気口があいています。また、画像下が手前(開口部)なのですが、両サイドにスピーカーグリルが見えます。底面は開口可能と思われますが、ユーザーが気軽にアクセスできるようなハッチはありません。, 右側面です。こうしてみると筐体が角ばっているのがわかると思います。ENVYシリーズの既存モデルと少し雰囲気が違うかな、と思いました。この面には入出力ポートは少なく、USB Type-Aポートとイヤホンジャックがあるのみです。, 前面には特になにもありません。こうしてみるとヒンジ開口用の「手がかり」がないように見えますが、エッジ部分がわずかに凹んでいて、ヒンジの開口は容易です。, 左側面です。こちらに主要なポート類が集中しています。画像左からDC-IN、USB Type-A、HDMI、USB Type-C(Thunderbolt 3)× 2、microSDカードリーダーです。なお、有線LANポートはありません。, 背面です。ハイスペックマシンながら、ゲーミングノートとは明らかに異なる上品なデザインになっています。通気口も見えません。, キーボードです。15.6インチサイズですがテンキーはありません。また、両サイドにスピーカーグリルがあります。ENVY 15は底面とキーボード面に合計4つのスピーカーを搭載しています。音響システムはもちろんBang&Olufsenです。, お断り:メーカーサイトでは、ENVY 15のスピーカーは「デュアル(2つ)」との記載になっていますが、私が確認した限り、この製品のスピーカーはキーボード面に2つ、底面に2つ、合計4スピーカーであるとしか思えませんでした。少なくとも底面の2つは明らかにスピーカーです。そのため、以降の記述では「4スピーカー」として進めさせていただきます。どうかご了承ください。, キートップが見にくいので、バックライトを点灯させてみました。レビュー機は英語配列ですが、日本仕様は日本語配列となります。HP製品によく見られる、Enterキーの右に一列あるタイプですね。配列に大きなクセはありませんが、スペースキーの右側、ALTキーと左矢印キーの間に指紋センサーがある、というのが面白いところです。, キートップはフラットです。キートップの印字はバックライト消灯時は黒っぽく、バックライト点灯時は白く光りますので、視認性は高いです。, ヒンジを開口し、正面から見てみます。グレアタイプのディスプレイなので、背景が少し写り込んでしまいました。すみません。下部ベゼルを除く3方のベゼルが非常に細くなっています。ENVYシリーズらしい、シンプルで上品なデザインです。, ヒンジを最大開口してみました。ENVY 15は底面のゴム足がやや厚くなっていて、筐体後部が少し持ち上がった格好になります。一見すると「リフトアップヒンジ」に見えますが、ヒンジを開けても閉じても、側面の高さは変わりません。, 一通りHP ENVY 15の筐体を確認してみました。オールアルミ製で「ナチュラルシルバー(実際には少しゴールドが入っているように見えました)」の筐体色がシンプルで上品な印象です。また、特に後部が角ばったデザインになっている点にも個性が感じられます。ENVY 15は「クリエイターPC」という位置づけになりましたが、HPのプレミアムブランドらしい高級感はしっかりと感じられました。, HP ENVY 15は15.6インチの有機EL、4K(3,840 × 2,160)解像度、グレアタイプのディスプレイを搭載しています。いつもなら「手持ちのIPS形式のディスプレイと比較」という流れになるのですが、今回はそれをしません。表現に困るくらいに圧倒的な差になっていますので。「感動的に美しい」というのが素直な感想です。, 有機ELの4Kディスプレイ、ということで発色等の水準は非常に高くなっていて、あとはクリエイターの人が「静止画」を扱うのか「動画」を扱うのかによって、必要とする発色の傾向(お好み)が変わるだろう、ということですが、, このように「HP Display Control」というアプリで「sRGB」「Adobe RGB」「DCI-P3」を切り替えることができます。それぞれ発色の傾向、というか見え方が若干異なり、その違いは私でも理解できる感じですね。それぞれの指標についてHP側でしっかりキャリブレーションしてありますので、あとはお好みに合わせて、ということになると思います。まさにプロ仕様ですね。, また、このディスプレイは輝度が非常に高く、100%にしてしまうとまぶしいくらいです。, 今回のレビュー機は英語配列のものでした。日本仕様は日本語配列になりますので、使用感は多少異なると思います。, 配列は素直なほうだと思います。ただし、ENTERキーの右の一列に関しては、このレイアウト(HPのモバイルノートでは一般的なものになります)を使い慣れていないと少し戸惑うかもしれません。といってもPgUPとかPgDnとかEndといった、個人的には全然使っていないキーなので、私は特に戸惑うこともありませんでしたけどね。, キーピッチは19 × 18.7 mm、キーストロークは1.3 mmと開示されていて、十分な余裕があります。もちろん15.6インチサイズにしてテンキーなしなので、当然といえば当然ですね。, 打鍵感ですが、やや押下圧がやや大きめ(重いという意味です)で、個人的には気持ちよく打鍵ができました。「やや重い」と言ってもストレスになるほど重くはありませんし、そのぶんしっかりとした打鍵感になっていると思います。また、打鍵音も小さめですね。「パチパチ」という音はしません。なので、比較的静かな場所で使用しても周囲に気を使うことはないと思います。, HP ENVY 15は底面とキーボード面に合計4つのスピーカーを搭載し、音響システムはBang&Olufsenです。音質をテストするのが非常に楽しみだったんですが、「いやこれ、ノートパソコンの音じゃねえだろ?」というのが感想です。弱いのは重低音くらいで、ただ重低音って外付けの、よっぽど大型のスピーカーが必要になると思うので、それを考慮すればこれ以上望めないくらいの音質です。, もちろんBang&OlufsenのAudio Controlアプリで細かい音質の調整も可能。私の場合、低音をブーストしてダンスミュージックを聴くのが好きなんですけど、作業中にBGMとして音楽を聴いていると、手が止まって仕事の効率が落ちるレベル。, バブルの名曲「Turn Around and Count 2 Ten(Dead or Alive)」などを懐かしく楽しませてもらいました。あ、もちろんダンスミュージックだけだとまずいので乃木坂とかも聴いてみましたよ。ともあれ、ノートPC用スピーカーとしては最高評価でいいと思います。, HP ENVY 15は調整項目が結構多いのですが、まずHP Display Controlで「省電力」モードに、ついでHP Command Centerのモードを「静音」に設定し、ディスプレイ輝度を70%、バックライトをOFFにしてテストしました。, ブラウザーからYouTubeにアクセスし、ボリューム30%でバックグラウンドで30分間音楽を流し、その間Web閲覧やテキストエディターでの文書作成をし、トータルで1時間使用しました。この場合だと1時間に18%ほどのバッテリー消費となりました。単純計算で5時間~6時間ほど使えることになります。, ただ、ENVY 15の場合、GeForce RTX2060が動作を始めるか否か、という点と、ディスプレイの性能をフルに使うか否か、ということがバッテリー消費に大きく影響すると思われます。特に後者ですね。GPUをぶん回すような場面なら電源に接続すると思いますので。, 次にディスプレイ輝度を100%、ディスプレイは省電力モードではなくsRGBモードにしてフリーソフトのGIMP2で画像加工を30分ほどやってみたところ、バッテリー消費は15%に達しました。1時間だと30%、稼働時間は3時間強くらいですね。やはりディスプレイの設定(省電力モードのオン/オフや輝度の設定です)でバッテリー消費量がかなり変わってきます。このことから、クリエイティブな作業に使う場合、バッテリー消費量は大きくなると思いますので、バッテリー稼働の場合は短時間で済むものにしておくか、あとは常に電源を確保するように心がけるといいと思います。, HP ENVY 15には「HP Command Center」という設定アプリが入っていて、画像のようにパフォーマンス・コントロール(パフォーマンスモードの切り替え)や使用するタスクのネットワーク優先順位付けをすることができます。ただし、パフォーマンスの調整についてはゲーミングノートほど細かい設定はできず、基本的に上の画像にあるメニューからひとつ選択する、という形式です。, 参考:

かごめ 優里 歌詞 4, ドキュメント72時間 ランキング 2016 8, 貴景勝 後援会 神戸 14, Kvk 洗面 水栓 水漏れ 7, 名古屋大学 脳神経外科 教授選 10, Autocad レイアウト 外部参照 4, Huion 液タブ 遅延 8, 賃貸 プロパンガス 高い 9, Dcv Mp4 変換 14, 足の爪 割れる 横 27, ピアノ発表会 ワンピース シンプル 4, チンチラ 妊娠 兆候 37, Cm 2019 一覧 7,


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.