プロ野球 選手名鑑 おすすめ, お客様 へのメッセージ 例文, ホットロード 主題歌 歌詞, 中日 木下 捕手, 横須賀線 路線図 千葉, お客様 へのメッセージ 例文, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, 澪つくし 感想 ツイッター, ホットロード 主題歌 歌詞, 葬儀 お別れの言葉 ひ孫 小学生, サタデープラス 動画 Miomio, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, Final Cut Pro 複合クリップ 解除, 未来進行形 Be 動詞, ベトナム語 英語 発音, 獨協大学前 バス 西口, マイナポイント セブンイレブン 楽天カード, マイペイ すリボ 解約 いつから, N700s 時刻表 7月, 執事 西園寺の名推理 キャスト, プロポーズ 指輪 渡し方, 中部実業団駅伝 2020 速報, 折り畳み自転車 軽量 カゴ付き, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, ファーストクラス 子供 うるさい, Yg Entertainment Japan 練習生, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, 澪つくし 感想 ツイッター, 未来進行形 Be 動詞, 楽天 コンパス 評判, Related" /> プロ野球 選手名鑑 おすすめ, お客様 へのメッセージ 例文, ホットロード 主題歌 歌詞, 中日 木下 捕手, 横須賀線 路線図 千葉, お客様 へのメッセージ 例文, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, 澪つくし 感想 ツイッター, ホットロード 主題歌 歌詞, 葬儀 お別れの言葉 ひ孫 小学生, サタデープラス 動画 Miomio, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, Final Cut Pro 複合クリップ 解除, 未来進行形 Be 動詞, ベトナム語 英語 発音, 獨協大学前 バス 西口, マイナポイント セブンイレブン 楽天カード, マイペイ すリボ 解約 いつから, N700s 時刻表 7月, 執事 西園寺の名推理 キャスト, プロポーズ 指輪 渡し方, 中部実業団駅伝 2020 速報, 折り畳み自転車 軽量 カゴ付き, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, ファーストクラス 子供 うるさい, Yg Entertainment Japan 練習生, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, 澪つくし 感想 ツイッター, 未来進行形 Be 動詞, 楽天 コンパス 評判, Related" />
ナルト アニメ 全話無料動画 7

ナルト アニメ 全話無料動画 7

猪鹿蝶の三人とサクラ、そしてキバはそれぞれ違う戦場にいる。にも関わらず、同じ姿をした少年の穢土転生体が各戦場に同時に現れた。その少年は天気を操り体を押し付けるほどの強烈な雨や雪、雷で攻撃をしかけてくる。苦戦しながらもそれに立ち向かうシカマルやキバたち。しかし、その少年は突然みんなの名前を口にする。なぜこの少年が自分たちの名前を知っているのか…と不思議に思う面々だが、この少年と子供の頃に出会っていた事を少しずつ思い出す。. ④さらに無料登録でもらえるポイントで 電子書籍も読める! ※無料期間中途中解約しても料金がかからないので安心安全! アニメ「naruto -ナルト- 疾風伝(第2期)」の動画を見逃し無料視聴する方法をご紹介しています!公式動画配信サービスの無料お試し期間を利用して、無料でアニメをフル視聴しましょう。 水と食料の補給のため、ナルトたちの船はとある港に立ち寄った。ヤマトの指示で食料調達に向かったナルトは、そこでひとりの野菜売りと出会い、すすめられるまま珍しいキノコを買う。ところが、港での補給を終え、次の航海へと出発した船をとんでもない悪夢が襲う。 はじまりは急に体調を崩したヤマトが倒れたことだった。その後、食糧倉庫に見たこともない毒々しいキノコが大繁殖し、食料はおろか水までもが浸食されていることが判明。だが現在いる海域の特殊な海流のせいで、先を急ぐことも陸に立ち寄ることもできない。ナルトたちのサバイバル生活が始まった!? シラはリーと同じく忍術が使えない忍であり、砂隠れでは忍術を使えない者は忍として認められなかった。しかしシラは体術の才能を我愛羅に評価され忍として認めてもらい、体術指南役にまで抜擢された。そんなシラの大出世を妬む砂隠れの仲間たちにシラは襲撃されてしまう。自分と似た境遇であるシラを放っておけないリーは、シラを傷つけ努力を侮辱した砂隠れの者たちを一人で追うも多数の敵に囲まれてしまう。しかしリーの心は「謝るまで許しません!」と怒りで燃えさかる!! 砂漠を行くキバ、ヒナタ、シノの班。その三人の前に草隠れの忍が現れる!キバたちが所有するのは天の書。そして草隠れは地の書。お互い必要な巻物を奪うための壮絶な戦闘が始まるがキバは巻物を奪われてしまう。草隠れの忍たちは逃げることに関してのエキスパート。匂いでキバの嗅覚を封じ、砂の中に潜りシノの蟲をも回避する。ヒナタの白眼を頼りに追うも天の書を奪って逃げる草隠れの策略により、キバたちは底なし流砂にはまり動けなくなってしまう!, 巻物を草隠れの忍たちに奪われてしまったキバたち。追跡を試みるも、相手は逃げることに関してのエキスパート、感知能力に長けたキバたちでも足取りがつかめない。ゴールの塔はもう目前だがこのまま発見できなければ、草隠れの忍たちが先にゴールする。もうだめか…と悔しがるキバ。が、その時――キバは何故か突然ナルトを思い出し、「ナルトなら絶対諦めない」と言い出す。その言葉でナルトを思い出した三人は諦めず、再び草隠れの忍の追跡を開始する!, 夜の砂漠で食事の準備をするネジたち。するとテンテンは巻物からお好み焼きの材料を出現させる。砂漠でお好み焼きが食べられる事に感動するリー。そしてリーは、何でも出せるテンテンのことを“便利”だと言うのだが、その言葉にテンテンは何故か怒ってしまう。その翌日、雨隠れのアジサイチームと遭遇するネジたち。巻物を奪い合う戦闘が始まる中、自分と同じ時空間忍術を使うアジサイにテンテンは対抗心を燃やす。果たして、テンテンの悩みとは!?, 魔の砂漠にある古い遺跡。その遺跡が巻物を奪い合う戦闘で崩れ、テンテンとアジサイの二人は遺跡の奥深くへと落ちて閉じ込められてしまう。脱出するため一時休戦ということにする二人。出口を求めて先へ進む二人だが、その二人に巨大なアリの大群が襲いかかる!時空間忍術で武器を出しアリに挑むテンテン。しかし、同じ術を使うアジサイはそのアリを自分の口寄せにしようとする。口寄せの術をうまく使うアジサイを見てガイとの修業を思い出したテンテンは…?, 強い日差しが照りつける中、砂漠を歩くいの、サクラ、チョウジの三人。しかし、数々の戦闘で水と食料を失い窮地に陥っていた。その原因をなすりつけあって喧嘩するいのとサクラ。そんな中、突然巨大なサソリに襲われサクラが怪我をしてしまう。サクラの怪我を医療忍術で治療するいの。そして治療しながら、自分がかつて猪鹿蝶の修行から逃げ、サクラにライバル心を燃やして綱手に弟子入りをし、修業した頃のことを思い出す。, オアシスを目指すいのたちの前に砂の忍のアメノ、シシオ、コウジの三人が襲いかかる!アメノはサクラの腕を凌ぐほどの医療忍術の使い手。治療だけではなく、攻撃にも特化した術でサクラたちを苦しめる。そしてコウジはチョウジと似たパワータイプでその力はほぼ互角。更にシシオは姿を消す術で翻弄し、いのたちを追い詰める。強敵の出現に苦戦を強いられるいのたち。しかし、山中一族の修業から逃げていたはずのいのは何故か感知の術を発動し、逆に敵を翻弄し始める!.

!サクラは回復役に専念し、ナルトとサスケが十尾目がけて突撃する。絶大な攻撃力を誇る二人の攻撃は果たして十尾に通用するのか!?一方、マダラによって瀕死の重傷を負ってしまった五影たち。その命が尽きようとしている中、五影たちの前にある忍が姿を現すのだが…。, 万華鏡写輪眼・神威(かむい)の力により移動した異空間で対峙するカカシとオビトの二人。昔のオビトならナルトと同じ事を感じ、以前のオビトに戻れるとカカシは信じるが、オビトはそれを全否定する。現実と仲間の想いを捨て、無限月読(むげんつくよみ)の発動を止めようとはしないオビト。そしてこれ以上話しあっても無駄だと悟ったカカシは戦う事を決意する。カカシはこの世界を守るために。オビトはこの世界を終わらせるために。 決着を着けるべく、かつて友だった二人が互いの命を奪い合う戦いへと突入する。, ナルトが風の性質変化を会得するため、木ノ葉隠れの里で修業をしていた頃。多くの人が行き交う里の通りでは人だかりができていた。しかし、次々と里の人々は何者かに吹っ飛ばされてしまう。事件か!?と事態を聞きつけリーたちが駆けつけるのだが、その者はネジが苦戦するほどの実力の持ち主だった。一体この者は何者なのか?大蛇丸の手の者か?はたまた“暁”の新たなる刺客なのか?突如里を襲った恐怖に果たしてナルトはどう立ち向かうのか!?, 敵の狙いはナルトの身体に封印されている九尾だった。そしてナルトを守るべく、里の仲間たちが立ち上がる!カカシやヤマトはもちろん、シカマルやネジたちが激闘を繰り広げる。さらには我愛羅(ガアラ)とデイダラも参戦し、戦場ははちゃめちゃに。そしてイタチや大蛇丸の謀略渦巻く中――ナルトの師匠、自来也も里のピンチにかけつけて戦いは泥沼化の一途をたどる!と、その時――三代目火影・ヒルゼンの顔岩が崩れ始め、そこから現れたものとは――?. 同じ体術使いとしてシラに戦いを挑むリー。体術を極めた者同士、剛拳と剛拳の闘いが始まる!お互い本気の体術と体術のぶつかり合い。技のスピード、手数の多さは互角――と思われたが、体格の差で押され始めるリーにダメージが蓄積されていく。その状況を破るためリーは、八門遁甲(はちもんとんこう)を解放する!が、しかし第一門すら開くことができない。それはシラの攻撃によるものなのか?そしてシラの攻撃は容赦なくリーの体に叩き込まれる!! 命が尽きかけているサスケの元に辿りついた香燐たち。しかしサスケの傍には謎の人物が佇んでいて…。一方、マダラと戦うカカシたちの元にはガイが駆けつけた。六道の力を得たマダラには仙術か体術による物理ダメージしか通用しない。仙術を使えるミナトが両腕を失い戦う事ができない今、体術を使うガイが八門遁甲を解放してマダラに突撃する!しかし、第七驚門までの体術ではマダラには効かない。そこでガイは八門遁甲最後の“死門”を開ける決意をし…。. ガイの命を懸けた八門遁甲の陣で大ダメージを負うマダラ。そこに六道の力を手に入れて復活したナルトが駆けつけてマダラと戦闘を開始。その戦いの最中ナルトは新しい螺旋丸で神樹を切り倒すのだが、マダラはその神樹をも取り込みさらなる力を得てしまう。傷も完治し不死なる身体となったマダラと対峙するナルト。そこに復活したサスケも駆けつけて、六道の力を手に入れたナルト&サスケコンビとマダラの最後の闘いが始まる!!

孫(そん)に信用してもらうために、鎖の封印を解こうとするナルト。孫の首元にある杭を引き抜けば封印は解けるが、孫は操られているため容赦なくナルトを攻撃する。孫を助けるため、信用してもらうために力を振り絞りナルトは封印を解こうとするが、仮面の男に邪魔されて身動きがとれなくなってしまう。もうだめかと思ったその時、尾獣のために何かしたいなら、そして、尾獣に信用してもらいたいのであれば「行動で示し証明しろ」と九尾が心の中で叫ぶ。, 見事に鎖の封印を解き、四尾・孫(そん)から信用してもらったナルト。しかし、完全に封印を解くことは出来ず、孫は外道魔像に吸い込まれてしまう。さらに、仮面の男の手で残りの人柱力が全て巨大な尾獣と化し襲いかかってくるが、ナルトはチャクラを使い果たして動くことができない。もう打つ手無しと思ったその時、九尾がナルトに話しかける。ナルトの行動に心打たれた九尾こと九喇嘛は“力を貸す”と語りかけ、ついに、木ノ葉隠れのナルトと“九喇嘛”のコンビが動き出す!!, “暁”側の戦力は一気に減り、戦況は忍連合軍の優勢となっていた。各戦場の忍たちは残党退治を終え、ナルトと仮面の男が戦っている最前線へと向かって移動を開始する。しかし、忍の中にはうちはマダラが想像を絶する力で戦場を壊滅させている事を知り、不安を抱いている者もいる。そんな中、ナルトが仮面の男を凄まじい力で押さえていると知ったシカクは、ここで一気に全ての忍たちの士気を上げ、ナルトに増援を送り巻き返しを計る作戦に打って出る!, ほとんどの忍が戦争に駆り出されている木ノ葉隠れの里では、サスケが立ち上げた小隊“鷹”のメンバーの一人・香燐(カリン)が囚われの身となっていた。一方、同じく“鷹”のメンバーである水月(スイゲツ)と重吾(ジュウゴ)はサスケを捜すため大蛇丸のアジトに潜入していたが、そこでこの戦争に関わる重大なある物を発見する。そして第四次忍界大戦が大詰めの中、しばらく“暁”のアジトで安静にしていたサスケは外に出て戦争の事を知り、ついにナルトのもとへと向かう決意をする。, 本物のうちはマダラの相手をする五影たち。一瞬で森を作り出すほどの木遁忍術を使うマダラの圧倒的な攻撃に、五影たちは苦戦を強いられていた。その戦いの中で五影たちは倒れ、オオノキは一時あきらめかけてしまうが、かつてマダラと戦った時のこと、そして子供の頃、当時の土影に言われた言葉を思い出して再び闘志を取り戻し、それに呼応するかのように五影たちも立ち上がる!一方、戦場へ向かおうとしたサスケはある人物を発見し…。, 綱手だけが使用できる禁術・百豪(びゃくごう)の術を使い、強敵・うちはマダラに挑む綱手。それに続いて雷影、オオノキ、水影、我愛羅の五影たちが力を合わせ攻撃をしかける。しかし、五影たちの猛攻でマダラを封印までに追いつめるが、意表を突かれた攻撃で綱手は致命的なダメージを負ってしまう。一方、カブトの居場所をつき止めたイタチはカブトと接触し、そこにサスケも合流する。穢土転生の術を止めるため、イタチ&サスケVSカブトの戦いが始まろうとしていた。, 穢土転生の術を止めるため、兄弟であるサスケとイタチがタッグを組んでカブトに挑む!二人は強力な瞳術・須佐能乎(スサノオ)で攻撃するが、素早い動きのカブトになかなか攻撃を当てることができない。カブトはかつて、ナルトが修業した妙木山(みょうぼくざん)と並ぶ伝承の地“龍地洞(りゅうちどう)”で新たな力を手に入れていて、自然エネルギーを使うことによって感知能力が飛躍的に上がっていた。その力に対抗するためにイタチとサスケは、かつて二人で行った猪退治の任務のことを思い出す。, 仲間を殺してでも木ノ葉隠れの里を守ろうとしたイタチの意に反して、木ノ葉隠れを潰そうとするサスケの行動はイタチに敵対している上、かつて大蛇丸が成そうとした“木ノ葉崩し”の意志を継ぐ自分と目的が同じだとカブトは語り、サスケを仲間に引き込もうとする。だがサスケは木ノ葉を潰すのは自分の意志だとカブトを否定し、再び戦闘が始まる。同じスパイとして生きてきたカブトにかつての自分を重ねたイタチは、自分を見つめ直せと説得するが…。, ついにカブトの過去が明かされる。幼い頃、ケガをして記憶を失っていたカブトは、木ノ葉隠れの里で孤児院を営む“ノノウ”という女性に拾われ、“カブト”と名づけられた。資金難で運営に苦しむ孤児院のために、ノノウから教わった医療忍術で忍を治療する仕事をしているとき、カブトは初めて大蛇丸と出会う。その後、三代目火影・ヒルゼンの幼馴染でもあり、暗部養成部隊“根”を組織する“ダンゾウ”が援助金の話のため、大蛇丸と共に孤児院に姿を現す。, カブトはこれまで自分が何者なのかを知るために、君麻呂や音の四人衆、そして尊敬する大蛇丸の能力と情報でさえも己の中に蓄積して生きてきた。さらにうちは一族の能力と情報を欲するカブトは、イタチを取り込もうと攻撃を始める。しかし、そうして取り込むだけでは決してその存在になれる訳ではないとカブトの行動を否定するイタチは、うちはの禁術と言われている瞳術をしかけるために反撃する。相手の運命を握り、運命を決めるという究極の瞳術とは!?, “イザナミ”は体の感覚によって術中にハメる瞳術で、かつてうちは一族の間で起こった“イザナギ”による都合のいい結果を奪い合う争いを止めるために作られた術だった。イザナミにかかったカブトの意識は、幻のイタチと無限に戦わせられるループの中に閉じ込められている。しかし、そのループは自分の運命を受け入れると解かれるようになっており、昔の自分と重なるカブトにイタチは、自分が間違っていることに気づいて欲しいと願ってイザナミをかけたのだった。, マダラとの死闘を続ける五影たちは、その圧倒的パワーに苦戦するも力を合わせマダラを封印へと追いつめる。しかしマダラは山ほども巨大な“完成体須佐能乎”を発動し、逆に五影たちを絶望へと追い込むのだった。一方、カブトにイザナミをかけて動きを止めることに成功したイタチは、ついに穢土転生の術を解く印を発動させる。それは同時に穢土転生体であるイタチ自身が消えることを意味し、サスケとの別れの前にイタチは真実と自分の想いを語り始める。, 忍連合軍を苦しめた穢土転生の術は、イタチの活躍によって解かれた。それによりナルトに立ちはだかった人柱力たちや、チヨバア、デイダラといった手練の忍たちが次々と光に包まれて消えていく。“完成体須佐能乎”で五影を苦しめるマダラの体も光に包まれ今まさに消えようとしている。にも関わらず、マダラは五影たちに最後の攻撃をしかけ綱手を追いつめる。しかしついにマダラの体から魂が分離し勝利を確信したそのとき、何故か魂は再びマダラの体に戻り…?, サスケと合流した水月と重吾。水月が手に入れた巻物を見たサスケは“会わなければならない奴”がいると言い、大蛇丸を復活させようとする。大蛇丸は危険だと大反対する水月だが、サスケは、みたらしアンコの呪印を利用して印を解放し、見事に大蛇丸を復活させた!里を守ろうとしたイタチの気持ちは何なのか、自分がどうあるべきで、どう行動すべきなのかを知りたいというサスケに大蛇丸は協力を約束し、ついに“鷹”のメンバーと大蛇丸が行動を開始する!!, 外道魔像(げどうまぞう)は十尾の素体だった。そして九体の尾獣のチャクラを手に入れた今、外道魔像はついに十尾復活へと変化を始める。十尾復活を阻止するためナルト、ビー、カカシ、ガイの四人は肉弾戦で仮面の男に攻撃をしかけるがなかなか当てることができない。吸い込む術とすり抜ける術を巧みに使い攻撃をことごとく避ける仮面の男に対し、成す術のないナルト!渾身の一撃も避けられてしまった様に見えたが、突如、仮面の男の面に一筋のヒビが入る!, 仮面の男の能力は“すり抜ける”ではなく、体の一部が時空間へと移動し、あたかもすり抜けるように見せているものだった。更に、その時空間はカカシの“神威(かむい)”の時空間と繋がっていることに気づく。現実を、そしてナルトに託されてきたものを否定する仮面の男。それに対し、ナルトと九尾は託されたものが正しいと証明するために全力で攻撃をしかける!そんな時、ナルトの螺旋丸(らせんがん)が仮面の男の面に炸裂し、ついに仮面の男の正体が明かされる!!, 仮面の男はかつて、神無毘橋(かんなびきょう)の戦いで死んだはずのカカシの友・オビトだった!さらに穢土転生(えどてんせい)の術に逆らったうちはマダラが登場!ついにこの第四次忍界大戦を起こした元凶がナルトたちの前に姿を現す。マダラは計画がうまくいっていないことに対しオビトに苦言を呈するが、それは死んだと思われていたオビトがマダラと以前から“月の眼計画”を企てていたことを意味する。なぜオビトは生きていたのか!?そしてうちはマダラとオビトの関係とは!?, 神無毘橋(かんなびきょう)の戦いで死んだと思われていたオビトを救ったのは、同じく千手柱間との戦いで死んだとされていたうちはマダラだった。カカシとリンに早く再会したいオビトはマダラの元でリハビリに時間を費やし、何とか自由に動けるまでに回復する。そんな時、カカシとリンが霧隠れの忍たちに囲まれ、危険だという報せが入った。それを聞いたオビトは二人を助けるためにマダラのアジトから飛び出し二人のもとへ駆けつけるのだが、そこでオビトが見た光景は……。, カカシがリンを殺す瞬間を見てしまったオビトは絶望し、その場にいる忍たちを皆殺しにする。リンの死を受け入れられずオビトは幻術で夢の中に思い通りの世界を作り出すマダラの計画を思い出し、リンの居る世界を作るためマダラの意志を継ぎ、自分を“うちはマダラ”と名乗り活動を始めるのだった。手始めに“暁”を結成する前の弥彦や長門に接触するオビト。輪廻眼を持つ長門を闇に引き込もうとするが、弥彦たちは里を平和へと導く活動に燃えていた。, かつて自来也の教え子だった弥彦、長門、小南の三人は雨隠れの里を変えようと活動していた。次第にメンバーが増えてきたその組織は“暁”と名乗り、戦で苦しむ地域を回って平和活動を開始する。しかし、その活動の中で長門は輪廻眼の力で外道魔像を口寄せしてしまい自分の力に恐怖するのだった。“和”によって五つの大国をまとめる事が目的の雨隠れの長・半蔵の耳にも“暁”の活動が耳に入り、同じ目的を持った組織が現れた事を嬉しく思っていたのだが…。, 木ノ葉隠れの里の未来のため、岩隠れとの和平交渉を阻止しようと暗躍していたダンゾウの言葉によって疑心暗鬼に陥った半蔵は“暁”を壊滅せんと弥彦らを罠にはめるため会合へと呼び出す。罠とは知らずその会合へと向かってしまう弥彦や長門。しかし、仲間たちは会合が罠だと気づき救出へ向かうのだが、オビトがそれを阻止するのだった。平和を求める弥彦たちの想いとは裏腹に、平和など存在しないというオビトの思惑通りに全てが闇に向かって動き出す。, 戦争が終結した木ノ葉隠れの里では三代目火影から引退したヒルゼンとダンゾウとの間で、次の火影候補を巡って意見が割れていた。ダンゾウは大蛇丸を推薦し権力掌握を狙うが、ヒルゼンの強い要望により四代目火影にはカカシの先生でもある波風ミナトが就任する。その頃カカシは神無毘橋の戦いでオビトを失い、リンを自らの手で殺めてしまったことにより失意のどん底にいた。悪夢にうなされ任務に集中できない日々が続き、カカシの心は次第に弱っていく。, ミナトの命(めい)により、火影直属の精鋭部隊“暗部”に入隊したカカシはその実力を発揮し、暗部の仲間たちからも一目置かれる存在になっていた。しかし、敵を容赦なく追いつめトドメを刺す姿から“冷血のカカシ”と呼ばれ始め、心が闇に染まっていくカカシをミナトは案じていた。そんな時、ミナトの妻・クシナに赤ちゃんが出来たことが分かり喜びに浸る中、ミナトはカカシにある特別任務を申し付ける。そして里では仮面の男が暗躍し、九尾に襲われた夜が迫ろうとしていた…。, 暗部養成組織“根(ね)”に加担することになってしまったカカシは、初代火影・柱間だけが使えるはずの木遁忍術を使う少年を目撃する。その謎を突き止めるべく、三代目火影・ヒルゼンの書斎へと侵入したカカシはそこで“柱間細胞(はしらまさいぼう)”に関する資料を見つけ、今でもその研究を続けている者がおり、里では子供の誘拐事件が多発しているという事実を知る。そんな折、“根”ではヒルゼン暗殺計画が実行されようとしていた。果たしてカカシは“根”としてその任務を遂行してしまうのか?, 禁術の研究を続けていた大蛇丸は、アジトを三代目火影・ヒルゼンに踏み込まれて窮地に立たされる。しかし、かつての教え子である大蛇丸をヒルゼンは手にかけることができず逃がしてしまうのだった。カカシを含め暗部たちには大蛇丸を捕まえる任務が下される。密かに大蛇丸と共に禁術の研究に着手していたダンゾウは、その事実が明らかになることを恐れ“根”の忍を一人、大蛇丸を助けるために向かわせるのだが、その忍はカカシが以前目撃した木遁忍術を使う少年だった。, 大蛇丸と落ち合う場所はイブリ一族が住む地下に存在する里。名前を持たない少年時代のヤマトは、その里でユキミと出会い、何故か“テンゾウ”と呼ばれるのだった。イブリ一族は体を煙にする肉体変化の能力を持ち、風で吹かれると死んでしまう程に短命だが、その能力に目をつけた大蛇丸の実験により長く生きることが可能になった。かつて自分も実験体だったヤマトは、その頃一緒だった少女とユキミを重ね次第に仲良くなり、二人は風の吹く里の外へと抜け出してしまう。, ヤマトを弟に重ねたユキミ。ユキミを実験施設にいた少女と重ねるヤマト。そして手をとり合い逃げるヤマトとユキミの姿にオビトとリンを重ねるカカシ。それぞれの想いが交錯する中、ついに大蛇丸がイブリ一族の里に姿を現す。煙化する能力を手に入れて木ノ葉の追手から逃げるつもりの大蛇丸にユキミが捕まってしまい、暗部と“根”の立場で争っていたカカシとヤマトはユキミを助けるという同じ目的ができた。果たして二人は大蛇丸に打ち勝つ事ができるのか!?, 数年ぶりに再会し、仲間だと安心するカカシの背後でテンゾウ(少年ヤマト)は鋭く光るクナイを構えた――。 “根”の忍であるテンゾウは“写輪眼を手に入れろ”という任務をダンゾウから受ける。しかし、ダンゾウが狙いをつけたのはカカシの写輪眼。初めて出会ったときカカシとは協力しあった仲であったため、ちゅうちょしたが、“仲間殺しのカカシ”と呼ばれていることを知ったテンゾウはその任務遂行を決意してしまう。, テンゾウが自分の命を狙っていると知りショックを受けるカカシ。そのとき、突如、大蛇丸の研究素材の大蛇がカカシとテンゾウを襲う。大蛇に飲み込まれ命尽きる寸前、テンゾウを救ったのは意外にも敵であるはずのカカシ!テンゾウは“仲間殺しのカカシ”が実は誰よりも仲間の命を大事にしていることを知った。 だが、掟の厳しい“根”に所属するテンゾウは、任務を放棄した罪でダンゾウから命を狙われることになる――。, “闇”を持つ者には暗部の素質がある。その“闇”をイタチから感じ取ったカカシだが、果たして、イタチが抱える“闇”とは――。 暗部で隊長を務めるまでになったカカシの部隊に補充要員として暗部最年少・うちはイタチが入隊することになった。これで里の中枢の情報が手に入るとイタチの父・うちはフガクが喜ぶ一方、ダンゾウはうちは一族の情報を手に入れるため、一族を裏切る行為でもある二重スパイをイタチに強要する。, うちは一族の信頼を取り戻すため、イタチの親友・うちはシスイが一人行動を開始する――。 かつて木ノ葉で起こった九尾襲来事件。写輪眼の瞳術により九尾を操れることから、うちは一族が事件を起こした元凶なのではないかと疑われた。それ以来、うちは一族が住む区画は暗部による24時間体制の監視下に置かれ、一族は木ノ葉の中で孤立し、疑念によって里と一族の関係は悪化の一途を辿ってゆく。, うちは一族が“悲劇の一族”と呼ばれる所以となったあの惨劇の夜が、目前に迫る――。 うちは一族のクーデターの機運が高まる中、カカシはうちは一族が住む区画を訪れる。以前来た時とは違い閉鎖的で、一族以外を寄せ付けない異様な空気を感じ取るカカシ。そこで怪しまれず里と一族の間を行き来できるイタチが密かに情報を探る中、うちは一族がクーデターを企んでいる決定的な証拠を掴むのだった。, 暗部を抜け、下忍の先生をやるようヒルゼンから命じられたカカシは、かつてミナトのもと、オビトとリン達で鈴を取り合った演習のことを思い出す――。 その時、チームワークを見極めるための演習にも関わらず任務達成のことしか考えていなかったカカシ。そんな自分のような忍を出さないためか、先生として子供たちに厳しく接し合格者を一人も出さないカカシの冷たい目からは、暗部にいた頃の“闇”が抜け切れずにいた。, 心に闇を抱えたカカシにヒルゼンが担当させた下忍は、ナルト、サスケ、サクラの三人だった――。 四代目火影・ミナトの息子であり、ドジな落ちこぼれのナルト。オビトと同じうちは一族で、唯一生き残ったサスケ。そして賢いくノ一でもあり、普通な女の子のサクラ。まるでかつてのミナト班のようなメンバーに戸惑うカカシは、「自分には下忍の先生の資格はない」と思いつつも、ナルトたちと“鈴の取り合い”をすることになる。, 「こんな世界はどうでもいい」と言うオビトと、それに対して怒りをあらわにするナルト。それぞれの想いを胸に、戦場で激しく両者がぶつかり合う!オビトを止めるためカカシは自分の想いを伝えようとするのだが、その言葉は届くこと無くオビトはカカシにトドメを刺そうとする。“もうだめだ”とカカシが思ったその瞬間――ナルトがその攻撃を受け止める!そして「オレの仲間は絶対殺させやしねェ!!

プロ野球 選手名鑑 おすすめ, お客様 へのメッセージ 例文, ホットロード 主題歌 歌詞, 中日 木下 捕手, 横須賀線 路線図 千葉, お客様 へのメッセージ 例文, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, 澪つくし 感想 ツイッター, ホットロード 主題歌 歌詞, 葬儀 お別れの言葉 ひ孫 小学生, サタデープラス 動画 Miomio, エレシュキガル フィギュア 一番くじ, Final Cut Pro 複合クリップ 解除, 未来進行形 Be 動詞, ベトナム語 英語 発音, 獨協大学前 バス 西口, マイナポイント セブンイレブン 楽天カード, マイペイ すリボ 解約 いつから, N700s 時刻表 7月, 執事 西園寺の名推理 キャスト, プロポーズ 指輪 渡し方, 中部実業団駅伝 2020 速報, 折り畳み自転車 軽量 カゴ付き, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, ファーストクラス 子供 うるさい, Yg Entertainment Japan 練習生, 日本語能力試験問題集 N3 聴解 スピードマスター Pdf, 澪つくし 感想 ツイッター, 未来進行形 Be 動詞, 楽天 コンパス 評判,


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.